本日のshelf♪ver.IMA

超🌈🐦✨春日茉衣

パンくずという名のメモ

先日、カンパニーメンバーの竹村さんが基礎稽古の内容や感じたことなどを書いて共有してくれたのを受けて。竹村さんの文章に触発され、私も色々考えることが出来たので。せっかくなのでメモとしてまとめてみます。トピックがいくつかあったのですが、その中の一つを取り上げます。

○台詞を言うときに何を考えているかについて話す

今までも何度か稽古場でこの話は出たことがあって。私はこれを問われると頭がパニックになって言葉が出て来なかったり、言葉にしてみても自分で何を言っているのかよくわからなかったり…ということが多々ありました。何故に頭がパニックになるのかと考えたところ、私は自分が"思っていること"と"感じていること"と"考えていること"がごっちゃになっていたのであります。そこを分けて紐解いてみました。


◇思っていること…見たり聞いたりなどの外界からの情報に対して、思う
例)雨が降ってきたのを見て、雨が降ってきたなーと思う。犬が吠えている声が聞こえ、犬が吠えてるなーと思う。

◇感じていること…自分の体が感じていること、身体的感覚
例)ここの床冷たいなー、とか、私汗ばんできたなーとか

◇考えていること…お客からの見え方、どう見えるか、関係だったり、全体の空間において。
例)○○さんそうくるか(思う)→じゃあ私どういこうかな、こういったらこう見えるかしらとか

思う

考える

これはよくあって、外界からの情報を取り入れながら考えている。(妄想になると外界関係なく考えちゃうから、自分の考えてることが外界と関係しているかを見ると妄想か現実かを見極められる。見極める一つの方法となる。妄想、空想に走りやすいからね、私は。妄想や空想は稽古場の外でしましょうね。稽古場では外界、現実に集中しようね。)


で妄想に近いのだけど、自分がどうこう、自分のことを考えているとき=集中出来ていない証拠だからまずは集中できる状態に持っていくことが先決となる。集中してる状態から稽古は始まるから。それがスタートラインに立つってことなんだけど。簡単なんだけど、簡単じゃなくなると簡単じゃないんですよねこれが。迷いの森に入るともれなく集中出来なくなるので、自分もしんどいし周りをもしんどくしてしまいます。誰もいいことないので、足を踏み入れても出てこられるようにとこうしてメモというパンくず(青い鳥)を撒いているわけなのですが。

集中することのきっかけになるんじゃないかなと思うのは、自分で考えるということが一番必要で一番大事なんじゃないかということで。なんでもよくて、馬鹿みたいな阿呆みたいなことでもよくて。自分で考える、っていうことがなによりの俳優の武器になるんじゃないかと思いました。そこにたどり着きました。それはひとりの人間としてもですよね。それがきっと何をするにしても一番楽しいんじゃないかなと感じています。自分で考えるっていうことをしていったら、自ずと集中していくのかなと。


自分で考えられないときって、余裕がないことがほとんどなので物理的に予定を詰め込み過ぎていたり、ずっと緊張していたり気が張っていたり、リラックス、心も身体も緩められていない、疲れたままで回復出来ていなかったりが必ずあるので、それを考えます。


時間的・精神的・身体的


この3つのバランスだなと。割合やさじ加減は人によって本当に違うと思うので、生きる上で自分のベストを見つけられたらいいなと思います。模索中ですが、「ああ、今心地良いな~。良い感じだな~」という時間を増やしていけたらいいのかなと方向を確認したりしています。年齢を重ねたり、自分の身体も家族や周りの状況も変わっていくから、たびたび見直すことの大事さも感じております。何事も日々調整と見直しとお手入れと回復と…とにかく自分をお世話してあげることだなと。

話飛んじゃった気もしますが、どこに向かっていくのかっていう目指したいところがここっていう図を書いたのでそれを載せて終わりたいと思います。

要素は
・観客の視点
・戯曲ないし言葉
・俳優(私)の声と身体

f:id:myksg-shelf:20180412082905j:plain

です。最終的にはここに演出も絡んでくると思うのですが、演出は観客の視点に含んでます。図がめちゃくちゃ汚いですがあしからず。この三つの要素が重なる部分をちーっこくていいからまず見つけること。で、そこから重なる部分をズズズッと増やしていく。稽古しながら探り試しズズズットしていく。目指すは三要素がぴったりと重なる瞬間。ここが全部重なったときにどうなるか、どこにいくのか、何が聴こえ、何が見えるのか。それをお客さんと一緒に感じにいきたい所存です。重なった先を一緒に見たい感じたいという欲望があります。お楽しみに!

(竹村さん、考えるきっかけをありがとう~!神川さん、稽古場に行けないのでTwitterでのつぶやき楽しみにしております~ありがとう~!)

おわり