本日のshelf♪ver.IMA

超🌈🐦✨近況と思考

映画「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」

f:id:myksg-shelf:20200116030914j:plain
原題 "demolition" "解体"

時間がかかれども、一体いつそれが見つかるのか、見つからないのかわからなくても。解体しながら、変な自分がなんだか愉快で好きになりながら。そばにいる人に寄り添って共に時間を過ごしながら。そうして辿り着いた先があのメリーゴーランドで。それは綺麗じゃなくて、とても綺麗だった。見終わったあとにふつふつと湧いてくるピースのようなシーンたち。バラバラに見えたピースが最後にある場所へと辿り着く。それを可能にしたのは時間だったのかもしれない。探しながら藻掻きながら笑いながら泣きながら、そうやって過ごしてきた一日一日が。

彼はひとりではなくて、出逢いがあって。その出逢いがまた彼を違う場所へと連れていっていたように思う。共に過ごす彼らを見て、化学反応のように影響し合いながらも私たちは自分の人生を生きるしか出来ないのだということを強く思った。それが悲しくもあり、どうしようもなさであって、でもだからこそ隣にいられるわけで。存在出来る喜びみたいなものを感じた。存在は"present"で喜びなんだよな。一緒に過ごせる時間は特別な時間で。どんなに当たり前に見えたとしても、特別な瞬間なのだ。

私は物事を考えるのに時間がかかる人間で。たぶん10年とか20年とかずっと考えていたりするからそのことが嫌になる時もあったりして。でもこの映画を見終わって、それでいいのかなって思えた。考えている間はバラバラのピースに見えたとしても必要な時間なんだと感じられた。そこを通らなければ、彼でなければ辿り着かなかったこの作品の結末。彼の笑顔は清々しく写った。悲しみもわからなさも空しさも喜びも。全部抱えながら、彼は爽やかに笑っていた。