本日のshelf♪ver.IMA

春日茉衣/超俳優/2020

「MVP」桑田佳祐ソロ30周年ベスト・ミュージックビデオ集発売

2018年1月3日(水)桑田佳祐ソロ30周年ベスト・ミュージックビデオ集「MVP」が発売となりました!

ご縁が繋がり私も出演をさせて頂きました2012年発表の「愛しい人へ捧ぐ歌」のミュージックビデオも収録されております。無名の俳優だからこそ出来た役割だと感じていて。素晴らしい曲のミュージックビデオ形成の一部になれたことを誇りに思います。

桑田さんがどういう風に曲を届けようと考え、どういうミュージックビデオが出来上がり、それがどんな風に受け止められたのか。どの曲も、聴く人それぞれの個人的な個人的な思い出と結び付いているのだろうと思います。景色、見ていた風景、空気、におい、町、時代の感触、感じていた気持ち、一緒に聴いていた人の顔…ミュージックを見ながら曲を聴きながら、蘇ってくるものはなんでしょうか。(私の場合は両親が昔からサザンが好きで。幼い頃から車でかかるBGMはいつも桑田さんの声だったので、家族みんなで歌いながら渋滞真っ只中にいたことを思い出しそうです)桑田さんの歴史が詰まったこのMVPがたくさんの方の元へ届きますように。

桑田佳祐ソロ30周年ベスト・ミュージックビデオ集「MVP」発売に寄せて

                • -

個人的に、タイトルになっている「MVP」とはどういうことだろうかと考えてみました。一曲一曲全部がMVPで。聴く人の生活や人生と共にある、自分にとって特別なものになった曲・ミュージックビデオ、それがMVPで。桑田さんのどの曲にも特別な思いを抱く人が必ずいると思うんです。そんなあなたにとってのMVPの曲・ミュージックはなんですか。もっと大きくすると、曲・ミュージックビデオに限らず、あなたのMVPはなんですか?タイトル「MVP」からそんな風に語りかけられているように感じました。

(あなたの特別を教えてちょうだい!あなたの大切を僕に教えて、それが僕の曲だったらいいな~と桑田さんから語りかけられているような気すらしました。妄想入ってますが本気で思いました)

これは私が感じたひとつの受け取り方にすぎないのですが。何が言いたいかと言うと、このタイトル私は好きだ!と言うとことです。色々想像してみたり、誰かと話したり、議論してみたり、一曲一曲からいろんなこと思い出して話したり、ひとり何度も見返したり…そんな風に見てもらえたらこんなに嬉しいことはないんじゃないかと思うのです。見るっきゃない⭐